激安でチラシ印刷ができる|宣伝効果が軒並みアップ

品質を確認しよう

納期をチェックする

婦人

いくら激安のチラシ印刷業者であっても、品質が悪ければ発注する意味がありません。安くて品質が良い業者を探しましょう。そのためには、実際に発注したことのある人から話を聞いてみることをお勧めします。つまり、口コミ情報を収集しましょう。また、激安かどうかを知るためには、いくつかのチラシ印刷業者を比較することになります。有名どころをピックアップし、ホームページに載っている料金体系をチェックしましょう。ある程度のことは分かります。それから、納期もチェックしましょう。いくら激安でも納期が遅いのは困ります。急いで刷ってほしいという時などは、迅速に対応してくれる業者だと助かるものです。このように、品質と料金、それから、納期という点を比較して選択することをお勧めします。もちろん、チラシ印刷はデザインやカラーなどによっても費用は異なります。いろいろと凝ったものを作るとなると、当然、激安価格では頼めないものです。この点はあらかじめ念頭に置いておきましょう。単純なデザインやレイアウトなら、基本料金程度で済みます。どのような目的で利用するチラシなのか、用途や目的に合わせて適切なものを作りましょう。また、有名店の場合、いろいろとデザインなどの提案をしてくれることもあります。分からないことがあれば、どんどん相談してみましょう。チラシ印刷業者の中でも親身的なところは、激安に限らず、評判が良くなるものです。トータル的に見て良いと思える業者に発注しましょう。

人件費に着目

チラシ

チラシ印刷は広告を行うのに必要不可欠なものですが、かなりの経費を必要とします。広告費により経費が圧迫され利益が無くなるようでは本末転倒です。そのため、いかにチラシ印刷を激安で行うかが大きなポイントとなります。激安でチラシ印刷を行う業者は、たいていがネット印刷業者です。ネット印刷業者は、印刷通販などとも呼ばれ、オンラインで注文し納品してもらう形になります。通常のチラシ印刷では、営業担当者と打ち合わせを行ってから納品するものでしたが、ネット印刷では担当者と顔を合わせることなく納品するのが一般的になっています。なぜネット印刷だと激安にできるのかというと、第一に人件費が大きく節約できるためです。営業担当者にかかる人件費を削ることができるためその分を割引することが可能になります。第二に自前の印刷機をもたず、全国の空いた印刷機に発注する仕組みになっているためです。自前の印刷機を持つには初期費用、ランニングコストともにかなりかかるため、コスト回収のため料金を割高にせざるを得ません。ですが全国の空いた印刷機に発注する形になると、無駄なく印刷することができるためコストが安くなるのです。このような理由から激安が可能になっているのです。また、オンラインで注文できるため24時間注文できるという点、納期が非常に早いという点も大きな魅力です。ただ、注文できる形が限られていたり、仕上がりにばらつきがあったりするのでその点は注意しなければなりません。

集客数を増やすために

CMYK

チラシ印刷により、商品などの売れ行きを良くすることができます。しかし商品が多く売れても、チラシ印刷自体に多くのコストがかかったのでは、その分純利益が少なくなってしまいます。そのため多くの店舗が、激安料金を提示している業者にチラシ印刷を依頼しています。具体的には激安のチラシ印刷では、1枚あたりの料金が1円ほどに設定されています。1万枚の印刷を依頼した場合でも、コストは約1万円で済むのです。さらに業者の中には、チラシのオプション加工も激安料金で行っているところがあります。たとえば配布しやすいサイズにするためにチラシを二つ折りや三つ折りにしたり、雨の日でも掲示できるようにするためにラミネート加工を施したりといった具合です。またチラシの一部を割引券にして、スムーズにカットするためにそこにミシン目を入れることもできます。さらには、配布枚数の確認や顧客の抽選会などのために、チラシに1枚ずつナンバリングをすることも可能となっているのです。こういった特殊な加工を施したチラシを宣伝に使えば、集客数は一層増えやすくなります。もちろん加工の料金が別途発生しますが、元々が激安料金なので、トータルでの負担は少なめです。具体的には二つ折り加工の場合は1枚約0.6円で、ミシン目加工の場合は1枚約0.8円で依頼できるのです。つまりオプションを利用しても、1枚2円程度の激安のチラシが完成するわけです。このように費用対効果の点で優れているため、オプション加工には高い需要があります。