激安でチラシ印刷ができる|宣伝効果が軒並みアップ

完成度の高いチラシを安く

印刷後は宣伝活動も

フライヤー

多くの店舗が、販売促進のために業者のチラシ印刷を利用しています。また印刷だけでなく、原稿の作成から業者に依頼している店舗がほとんどです。自社で作成した原稿を、社内の印刷機でチラシにするよりも、全ての過程を業者に任せた方が、販売促進の効率が良くなるのです。というのも業者は、プロとしてチラシの視覚効果について熟知しているからです。そのため商品の写真やフォントのレイアウトはもちろん、色調まで考慮しながら、商品の良さをアピールできる原稿を作成します。そしてその色をより鮮やかに見せるコート紙などに、細かなドットで美しく印刷するのです。しかも業者のチラシ印刷では、1部が1円程度という激安と言える価格設定となっています。自社印刷の場合、インクや用紙代も含めると1部あたり5〜10円となりますし、そもそも印刷機のリース代もかかります。販売促進のために経費を多く使うことになっては、本末転倒です。しかし激安のチラシ印刷を利用すれば、経費削減をしながら、プロの手による完成度の高いチラシで売り上げをアップさせていくことができるのです。少ないコストで大きな利益を得ることが可能となるわけですから、激安のチラシ印刷は、店舗経営における頼もしい味方と言えます。さらに業者には、印刷したチラシを使った宣伝活動も、激安料金で引き受けてもらえます。チラシを新聞折り込みにしたり、ダイレクトメールで指定地域の住民に送ったりするのです。これにより、店舗の人手を使うことなく販売を促進できるようになります。

料金以外にも着目する

印刷機

チラシ印刷を行う際にまずはじめに業者に求めるのが価格の安さでしょう。最近は激安な料金でチラシ印刷を行ってくれるネット印刷が主流となり、そのネット印刷業者の中には1枚あたり1円を切る料金で印刷を請け負ってくれるところもあります。このように最近のチラシ印刷は価格競争の激化から激安価格でチラシ印刷を行ってくれる業者が多くあります。こうした料金設定の他にもチラシ印刷を行う上で業者に求めたい部分があります。激安な料金設定だけに目がいってしまうとつい質に対して妥協してしまうことがあります。ですが、受け取る側にとっては、チラシの質がそのままその会社の印象となりますので、料金だけではなく質にも着目して業者選びをすることが大切です。チラシ印刷の経験がある方ならばサイトなど紙質などを確認すれば質がどの程度なのか知ることが出来ますが、経験がない方はそうした紙質などから質を判断するのは難しいでしょう。そこでチラシの質の確認に是非利用をおすすめしたいのが無料サンプルの利用です。ほとんどのネット印刷業者は、紙サンプルやカラーチャートなどをお願いすると無料で送付してくれます。こうして届いたサンプルから簡単にチラシの質を確認することが出来ます。そして、連絡がつきやすい業者を選ぶというのも業者に求めたい点の一つです。デザインの変更や細かな点の確認など気になる点に対してすぐに対応してもらえると滞りなくスムーズにチラシ印刷を進められます。そのため、メールだけではなく電話連絡にも応じてくれる業者を選ぶと安心できるでしょう。チラシ印刷を利用する場合は料金の激安さだけでなく、このような点にも気をつけて業者選びを行うようにしましょう。

変更余白の大切な点

レディ

現在、チラシ印刷の大半が激安のフライヤー印刷で行われています。フライヤー印刷の最大の強みは、何と言っても版を使わないことです。版を使わないことで、初版代も改版代も必要なく、激安印刷が可能となるのです。会社で作成するチラシの類は、内容を変更することがよくあります。会社の住所が変わった時は勿論のこと、商品の内容やサービスが変更となった時も改版が必要です。フライヤー印刷では、改版の度の版代が節約できるだけでなく、版を使わないことで迅速な激安印刷が可能となるのです。版が必要であった時代のチラシ印刷は、一代物と言われ、内容が違ってくると別内容のチラシに代わりました。しかし、激安のフライヤー印刷においては、細かい内容を短期間に変更することができるのです。そのため、チラシ印刷の原稿を作る際には、予め変更となる点を考慮に入れて作成することが重要です。品名、サービス内容、担当者名など、将来的に変更が必要となる文言については、印刷できる余白を想定しておくべきです。勿論、文字の大きさやイラストの配置なども変更できるので、臨機応変に内容を替えることはできます。ただ、チラシ印刷において、変更が重なることで、全体のバランスがおかしくなることも多々あります。美しいチラシ印刷をするには、内容変更の度に、全体構成のバランスチェックも大切です。フライヤー印刷の多くの事業所では、そのサービスを行っているので、是非とも利用したいところです。